雛祭り行事

a雛祭りにまつわる紙芝居

さあ 紙芝居とちょっとした劇の

はじまり~ はじまり~ 

題は「お雛様になった人形」

「形代」(かたしろ)は、身代わり信仰の現われで、人間の身代わりとされました。
三月の上巳の節句に、この形代で体を撫でて、身のけがれや禍いを人形(ひとがた)に移し代わらせて、川や海に流して幼子の無事な成長を祈るものでした。




むか~し むかし
とある農家に飾ってある 
わら人形が内気な女の子のもとに落ちてきました。




女の子はわら人形に頭をつけ




目を書いたり
服を着させたりして一緒に遊ぶようになりました

しかし 春になり川に流す事となりましたが泣き叫ぶ女の子を
見て両親は流す事をやめ、飾る事にしました。

めでたし めでたし (*^_^*)
雛祭り9
中にいた人はずっと正座して汗だくになってました  お疲れさまでした
楽しかったですよ  抹茶におまんじゅうとやったね